廃油や産業廃棄物は業者にオマカセ!│リサイクルもできて一石二鳥

工場

現場で出たゴミ

葉っぱ

建設業の仕事では仕事上木くずやガラスなどの産業廃棄物が出てくることもあります。廃棄物は原則として出した事業者が片付けることになっていますが、専門に処理を行う業者もあります。埼玉ではリサイクルに注目している業者もあります。

詳細を確認する...

オイルの再利用

笑顔

自動車やバイク、船舶などの乗り物はオイル交換が必要です。他にも工場などでオイルが排出されることもあります。廃油は、専門業者に依頼することで回収してもらうことができます。回収されたオイルは再利用することが可能です。

詳細を確認する...

業者を選ぶ方法

工場

産業廃棄物の処分の際に業者を選ぶには、チェック項目があります。まずは車両や従業員数、処理フローをしっかりと提示している会社であるか、収集運搬エリアに該当しているのか等の確認が必要です。

詳細を確認する...

ゴミを捨てる

笑顔

普段生活を行う上で、何かしらのゴミが出ることは仕方のないことです。それは私達だけでなく工場や仕事などでも同じです。特に工場や工事現場で出たものは、産業廃棄物と呼ばれて特別な処理を行わないと行けないものもあります。身近な産業廃棄物に廃油があります。車やバイクなどを乗っていて、オイル交換が必要になり交換するということはよくあることです。交換された古いオイルは、業者に回収され再利用に使われます。車やバイク以外にも船舶や工場など、様々な所で廃油が出てくるので、それを集めて精製してそれぞれの用途に合わせて再度オイルが利用されます。工場の燃料として使われる他、潤滑油や工事現場で利用されるオイルになるなど、使いみちがそれぞれがあり、環境にやさしい製品となります。

身近な産業廃棄物は、工事現場で出た木くずやコンクリートなどのゴミです。産業廃棄物は、基本的には出した業者が責任を持って処分することが必要ですが、専門の業者に依頼して適切な処理を行ってもらうということも可能です。産業廃棄物を専門で扱っている業者の場合、きちんと地方自治体に認可を受けて活動を行うことになります。埼玉や千葉など特定の地域の許可をもらわないと、その地域以外では活動することができません。そのため、業者を選ぶ際には、まずは地域に対応している業者なのかどうかをみていくことが必要になります。また、それぞれの処理フローや処理先などをしっかりとホームページなどで表示しているかどうかも大切です。